Home » 教育 » インターネット家庭教師で教育格差をなくす

インターネット家庭教師で教育格差をなくす

生まれ育った地域によって受けられる教育の格差が将来に影響する。賛否両論あるでしょうが個人的には間違いないことだと思っています。

端的に言えば地方ほど不利です。学校内での競争がない、近所に塾がない・あっても選択肢がない、中学・高校受験で通学圏で学校を選べない、こどもたちへの影響は計り知れないと思います。

解決する方法として注目されているのがインターネットを使った教育です。e-ラーニングという言葉は随分昔からいわれていましたが、各家庭に高速インターネット回線が普及した今、現実的な方法になってきました。

たとえばインターネット家庭教師。家庭教師は全国展開している企業もありますが、実態としてちょっと地方都市にいくと「いい教師を紹介できない」という現実があります。

その点インターネット家庭教師なら、教える側も教わる側もどこにいてもいいので、一定の指導力をもった教師に指導を受けられる確率が高くなります。例えば沖縄の中学生が東大生の家庭教師に教わることもできます。