Home » 教育 » 中学受験は公立中高一貫校がますます人気

中学受験は公立中高一貫校がますます人気

中学受験といえば私立の学校へ進学するイメージが強かったですが近年は全国で公立中高一貫校が大人気です。公立中高一貫校は2000年代前半にいくつかが開校され、その後年々増加しています。

人気の理由を一言でいえば「公立中学校と同等の学費なのに私立の中高一貫校と同じかそれ以上の教育を受けられるから」ということにつきます。

数年前から6年間を過ごした生徒の進学実績がでていますが、東大・京大などの難関大学にも相当数の合格者がでています。元々地域の進学校に中等部ができたケースも多いのですが、それでも以前よりも合格実績を伸ばしている学校が多いです。

こうなると大変なのが私立の一貫校ですね。公立中学校よりもお金はかかってもきめ細かい教育や進学実績で生徒を集めてきたわけですから。公立中高一貫校の躍進はかなり驚異でしょうね。

ちなみに合格が難しい公立中高一貫校ですが、「中学受験の勉強法 -合格のために家庭学習でできること-」というサイトが対策の参考になるかもしれません。